5/27/2012

DALLASCOWBOYS 挑戦記② Preliminally audition

①の記事から続きまして・・・
DALLSCOWBOYSのオーディション内容についてです。

カウボーイズは日本でも知る人ぞ知るチアだと思いますが、一体どんな選考なのか
興味ありませんか??


オーディションはPreliminally、Semi-final、Final(昨年のメンバーはファイナルから参加)と、
3段階になっていて、それぞれカットがあります。
例年大体が、約400~600人→約130人→約50人→約45人といった具合に
人数が絞られていきます。

今年集まったオーディション参加者は約400人。
もっと集まるのかなと思っていたけれど、NFLチアリーダーのオーディションとしては
平均的な数ですね。

第一次審査は、フリースタイルです。
受付した順番で5人ずつグループになり、「名前、年齢、出身地、仕事や学校」を
マイクで話した後、ランダムにかかる曲(大体が、最近のBillboadで上位に入っている曲でしたが)
に合わせてジャッジの前で踊ります。

フリースタイとは言いつつも、自分の得意な分野(フラダンスや、ラテンダンス、ロックダンスetc ・・)
を踊って良いというわけではなく、ダラスカウボーイズチアリーダーをイメージする
ダンススタイルで。という指示がありました。そして何かテクニックができるのであれば
(アクロバットや、ターン、ジャンプなど)があれば見せてくださいといった感じでした。

まあ、大体8×8くらいかなと思っていたけど、実際始まって見ていると、
音楽が永遠と止まりません・・・。多分1分以上(?)はそのまま曲かかっていたのかな。

私はアクロバットを含んだ事前に作っていった10×10のダンスを踊り、
その後はとりあえず、何か曲に合うものをつなげて踊りました。
正直あまり覚えていないけど、形にはなってたかなー?
自分的にはジャッジ一人ひとりに目を合わせられたので、しっかりアピールはできたと思います。


▼会場はこんな感じ。カウボーイズスタジアムの広いロビーで行われました。




第一次(preliminaliy)では、ショーマンシップとルックスを見ていると思います。
基本的なダンスのテクニックがあるかどうか、表情づくりや、プロポーション。
審査員も、Yes, May be, No の3段階で評価をしていくようです。

そして、終了後は番号が書かれた掲示板が外に張り出され、それにて結果発表となります。
無事に自分の番号を見つけ、一安心。

▼人だかりで掲示板がなかなか見られず・・・

▼今回の衣装は、America's team(ダラスカウボーイズの名称)にちなんで、
アメリカンカラーにしてみました。画像が荒すぎてすみません・・・



そして、翌日はセミファイナル。記事は次回につなげます~!
(ここまで2日に一回更新してる!!私にしては上出来??:D)

2 件のコメント:

  1. 私も日本で
    スポーツチームのチアをしています
    mihoさんすごく憧れですし
    ブログ,ターザンの記事,
    とても励みになります!
    応援しています!

    返信削除
    返信
    1. 応援メッセージありがとうございます!
      私も日本のチアリーダーを応援してます:D

      削除