11/26/2012

NBAダンサーへの挑戦 ~Phoenix Suns②~

セミファイナルは、サンズのホームアリーナで行われました。
 

 
 
憧れのコートに立てただけでとても感動・・・!!
「よし!もらったチャンスだと思って、(通過することを半分諦めていたので。)絶対通ってやる!」と意気込みました。
 
セミファイナルでは、新しい振付は入らず、一次で習った課題ダンスをジャッジされました。
 
それにプラスして、一人一人フリースタイルを8×6踊ります。フリースタイルではみんな持ち前のテクニックを駆使していました。そして、アメリカのチアリーダーの凄いところは、与えられた曲のイメージを一発でダンスで表現出来る事。曲のイメージするセンスが素晴らしいな、といつも思います。
 
曲は、Super bass/nicki Minaj
中にはNicki がプロモで踊っている振付をやっている子がいて。
(ランダムにかけられてる為、どこの部分で自分があたるかは分からないにも関わらず・・・)余裕がないとそんなことできませんよね。さすが!!
 
また、踊っている最中の表情に必死さが全くないことは、本当に感心します。緊張している中でこれをやることは意外と、とても難しいことなのです・・。

課題のダンスは覚えて1日経過していた事もあって、自分で納得したものが踊れたと思います。そして、フリースタイルも、アクロバットを入れて自分の持ち味を生かしたものが出来たかな!と思います!!

セミファイナルの発表も、ファーストラウンド同様、ホットライン(電話)で確認をするというものでした。この日もかなり緊張しながら慎重に聞き入ります・・・
 
結果は、セミファイナルを通過して、トレーニングキャンプに進める事に!

この日を終えた時点で、このチームが本当に好きなチームになっていました!!オーディションを受けているメンバーに対してのスタッフの対応がとても暖かく、ベテランメンバーも好印象な人ばかりでした。ダンスのコレオグラフに関しても、ここは自分のカラーのチームだと肌で感じました。
 
そして、ここではとても偶然な出会いがありました。
 
私のチア友達、現在NFLブロンコスで活躍中の西村樹里ちゃんが、昨年レイダースに合格した際に仲良くなった元レイダースのキャプテンで、更に彼女は私が49ersで活動していた時のキャプテンの友達だという、ティファニー。一気に意気投合しました!
 
そしてその友達のオレゴン大学出身のブリトニーと仲良くなり、オーディション中はずっとその2人と一緒に過ごしました。


 
そして、仲良くなったこの2人ともトレーニングキャンプに進める事になり、楽しみが更に増しました!
 
この日は、通った嬉しさと、これから始まるトレーニングキャンプへの緊張で、ドキドキ&ワクワクしながら、眠りにつきました。

1 件のコメント:

  1. MIho-san,
    昔PhoenixとTempeに住んでいたのでPhoenix SUNSのファンです。Kevin Johnsonの頃なのでかなり古いですが。
    Mihoさんが、Sunsをチアーしてくれることになれば、大変うれしいです。

    返信削除