8/30/2013

NBAダンサーへの挑戦 ~2013 Miami Heat①~


このチームには思い出が詰まっている分、とても長くなると思うので、しぶとくお付き合いいただけましたら幸いです。

私は、昨年様々なチームを受けました。ダラス・ニューヨーク・OKC・LA・アリゾナ。全部で7チームを4か月間の旅の中で受験しました。どのチームが自分に合うのか、どんなダンスを踊りたいのか。ある意味自分探しの旅でもありました。結局どこのチームにも合格する事が出来ませんでした。しばらくの間は、思い出すだけでも涙が出そうになるくらい、昨年のトライアウトの中では悔しい思い出が沢山ありました。

その中で受けたかったけど、どうしても手が出せなかったチームがありました。それがマイアミヒートです。チャンピオンチームである事はもちろんですが、自分がチアを始めた頃から、動画を見てヒートのダンサーに憧れていました。リズムを単純に楽しんでいる様子がとても新鮮で、斬新で。ダンスには色んな表現があるけれど、数あるスポーツエンターテイメントのダンサーの中で、私自身が心を動かされた一番のチームでした。
 

ヒートには色んなバックグラウンドを持った人が集まっていますが、それぞれがカラーを持っています。昨年の自分の技術ではキャンプにも残る自信がなかったので、安全策を打って別のオーディションに臨みました。帰国後はどうしても、このチームを諦めきれずに1年間を過ごしました。

そして、やっと挑戦する事を決めました。受かる事は難しいのは分かっていたけれど、ありったけの力を注ごうと思い、日本でお金を貯め、課題を明確にして、ニューヨークで自分に必要なトレーニングをして、体作りをして。昨年の悔しい思いをバネに、気持ちを追い込んで、打ち込みました。先に受けたニューヨークのチームは、縁があれば行きたいチームではありましたが、自分の気持ちはマイアミ一筋でした。

チアを始めて7年目にして、憧れの土俵に立つ準備ができました。
それだけで、感無量でした!!
 
前置き長くなりましたが、実はそんな思いが詰まったマイアミのオーディションについて、これから記したいと思います!

0 件のコメント:

コメントを投稿