12/27/2013

NBAダンサーへの挑戦 ~2013 Miami Heat⑥〜

マイアミヒート、まだまだ続きます!
キャンプ1日目の続きの記事です。

ライティングの後は、やっと実技に移ります。まずは、アクロスザフロア。
簡単な振り付けも含めて8×3を、4種類くらいを順番に、左右両方行います。
カリプソ、ジュッテ、キック、ファンキック、ダブル/トリプルターン、ペンシルダブルターン、クーペターン、などなど。早く、結構レベルは高いです。
逆サイドに変換するのが私はとても苦手で、苦戦しました。
リターナーもかなり間違えていました。

続いて、オーディション時のヒップホップとジャズファンクの振り付けの先がそれぞれ入りました。
覚えてばかりなのでかなり頭がパンパンでした…
ヒップホップは、マイアミのシグナル?でもある、30秒以上あるヒップダンス(!)が入りました。
ジャズファンクは、前半と似たような振り付けでしたが、技はセカンドジャンプと、足を90度の高さまで上げた状態でのジャンプターン(テクニックの名前がわかりません笑)が入りました。

そして、その後はまさかのバトル!
同じキャラクター同士で、その時に習った振り付けを、10人くらいのジャッジの前で踊って行きます。同時に踊らせて競わせるのです。
それを見ていると、マイアミが欲しいと思っている人の区分けがわかる気がします。同じ人種でも、顔の系統や、体型、髪型などなど。
私は無論Asiansにまとめられ、ベテランの中国系アメリカンと、フィリピン人と競わされました。

何人かのジャッジの目線は、最後まで自分から離れなかったので、アテンションはあったかなと思います。
その場で習ったパートはアップアップでしたが、なんとか踊り切りました。
いくつかのグループは、振り付けが飛んでしまった時点で曲を止められ、フリースタイルのアピールのチャンスさえ与えてもらえないような状況に。ピリピリとした空気が常に流れます。

全グループが踊り終わった地点で、時計は夜の12時を回ったところでした。これで今日は終わるかと思いきや…その後は地獄のブートキャンプが。
スタジアムの階段の上り下り、シャトルラン、持久走、スクワット、腹筋背筋、腕立て、などなど、きつかったです…
全てが終わったのが夜中の2時になる手前。信じられない!

帰って疲れすぎて全く食欲がわかず、お米と、プロテインを飲み、疲れすぎて眠れない体を睡眠剤飲んで眠らせました。
しかし、脳も体も休まらず、短時間で起きてしまう状況…

翌朝は起きてすぐにマッサージに行き、緊張した筋肉をほぐしました。
そして、ジムに行きキャンプの時間まで練習…体に叩き込みます。

2日目のキャンプは、同じようなテクニックから始まり、昨日のレビューをし、何度も繰り返し踊ります。そして、この日は髪の毛の色別に分かれてジャッジの前でパフォーマンスをしました。

その後は、前日に続いてブートキャンプ。
筋肉痛であっても、怪我をしていても言い訳はさせてもらえず、初日よりもさらにハードなトレーニングでした。

みんな疲れ切って、帰りのバスは言葉もありません。

この日は約20名がキャンプの後に呼ばれました。
雰囲気的に、危ない人が呼ばれる事を予感していたので、自分が呼ばれませんように…と祈りながら。私は幸運な事に呼ばれなくてすみましたが、私が仲良くなった友人は2人呼ばれ、なんと声をかけて良いかわからなかったです。。

私の体は、この日も一日目と同じような状況で、
眠れ〜!と体に言い聞かせてベットに入りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿